キャバクラ費用を経費で落とす方法とは?

接待でキャバクラを利用しようと考えている人もいるかもしれませんが、経費で落とす事はできるのでしょうか?

キャバクラは福利厚生費ではなく接待交際費として経費にできますが、グレーゾーンだとも言われているのです。

経費で落とすためには領収書が必要不可欠ですが、事業に関係あるかどうかが重要ですから、特に日付に注意すると良いでしょう。

また、担当者に聞かれた時にきちんと説明できるよう、どこの会社の誰と一緒に行ったのか、お店の名前は何か、どんな目的で行ったのか覚えておくかメモを残しておくと証拠になりますのでオススメですよ。

法律上はキャバクラでの接待を経費で落とす事は可能ですから、ルールを守って経費で落とすようにしましょう。